Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« 新しいデバイスというのは開発環境まで手がまわなないのはいつも同じなのは知っているが腕時計型デバイスPebbleをいじれると聞いて | Main | Pebbleの開発環境は侮りがたし、というかCloudだけでよくね »

January 03, 2014

Python でBluetooth デバイスを直接コントロールできるなんて知らなかった

pebbleのアプリを鋭意開発中であるが、ログを出力する方法がわからない。

一世代前のSDKであれば、pythonで出力先を作れたたらしい。
なぜかSDK2からはAboutでAppLoggingがなくなっている。きっとデフォルトになったと解釈しよう。
pythonからbluetoothを扱うにはlightblueというモジュールが必要であるが、コレを入れるためには依存関係を手で解決する必要がある。
Pybluezが含まれるパッケージはわかりにくいが、プロジェクトのページを見たところ、python-bluetoothを入れればいいらしい。
openobexとlibbluetooth-devとpython-bluetoothだ。
sudo apt-get libopenobex1-dev libbluetooth-dev python-bluetooth
その後
sudo pip install lightblue
でインストール完了。
しかしながら p.pyが動かない。よく見たらbluetoothが繋がっていない仮想マシンであった。がっかり。
でもね、pebbleのログだけを取るのであれば--logsオプションを付けるだけ。ということにいまさら気がつく。説明書はよく読まないとだめだな。
参考にしたブログ

« 新しいデバイスというのは開発環境まで手がまわなないのはいつも同じなのは知っているが腕時計型デバイスPebbleをいじれると聞いて | Main | Pebbleの開発環境は侮りがたし、というかCloudだけでよくね »

python」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48058/58877744

Listed below are links to weblogs that reference Python でBluetooth デバイスを直接コントロールできるなんて知らなかった:

« 新しいデバイスというのは開発環境まで手がまわなないのはいつも同じなのは知っているが腕時計型デバイスPebbleをいじれると聞いて | Main | Pebbleの開発環境は侮りがたし、というかCloudだけでよくね »