Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« これから直接DirectXを扱うのは無理じゃないかと思えるぐらいひどい状況 | Main | 新しいデバイスというのは開発環境まで手がまわなないのはいつも同じなのは知っているが腕時計型デバイスPebbleをいじれると聞いて »

October 06, 2013

使わなくなったAndroid端末を自宅サーバーにしてみる

 家庭で常時接続ができるようになった頃、自宅サーバーというのが昔流行した事があった。型落ちしたマシンにlinuxをインストールして24時間動かすのだが、正直ウルサイし電気代ももったいないということですっかり下火になってしまった。

 また、映像をたくさん持っている人とかは自宅用のNASを使ってたり、ファイル共有のための仕組みがDropBoxで間に合ってしまうなどニーズも無さそうに見える。
 しかしながら、自宅サーバーにはコスパだけでは語れないロマンがあり、定期的に作りたくなる。
 手元に遊び飽きたスティックのAndroid端末が転がっていたので、これをサーバーにすることにした。バカに出来ないぐらいメモリが載っていて、CPUもマルチコアで悪くはない。SDCARDのストレージは大抵のレンタルサーバーより容量が大きい。
 httpdとphpとmysqlなど必要なものが一式入ったアプリがあり、コレをインストールすれば面倒がない。しかもNo-ipのDDNSサービスに対応していて自宅サーバーのために作られたソフトである。5日のトライアル期間がすぎれば有料になるが、手間を考えると500円ぐらいなら払ってもいいかと思う。

Icon KSWEB google playよりダウンロード可能

これから改善されるかもしれないけど、現時点での注意事項。

TOOLにあるWebFaceはWeb版の管理ページで初期IDとパスワードはadmin/adminなので速攻でパスワード変更すべし。PHPMyAdminは初期IDはrootでパスワードなしだが、こちらも同様にパスワード変更が必要。昔はUSERテーブルを修正していたが、今はパスワード変更のページから変更しないといけない。

このほかに、Ultimate server という様々なサーバーを含んでいるアプリがある。が、PHP環境がないので見送り。

サーバーといえば、cronジョブで何かを定期実行する事が多いが、Taskerというアプリがいい。設定が難しいけど。

Photo

Tasker

たとえば、定期的にwebページを取得する場合、ActionにNet−>http getを選択する。server:port にホスト名、pathにパスを書くが先頭のスラッシュは不要、AttributesにGETパラメータを書く。URLでイキナリ書かせて欲しいが仕方ない。

取得したページはファイルに保存できる他、環境変数に入って更に次のアクションに渡すこともできるらしい。

Actionの引き金は時間でなくてもスマホが検出できるものであれば何でもいい。例えばWifiの電波とか、GPSとか。そういえば自宅サーバーといいつつ持ち歩いてもいいのかもしれない。

Tasker Never まとめ

 Taskerも有料だが、その価値はある。

PAW serverというアプリが楽しそう。

PAW server

VNCでリモートで使うにはroot権限が必要みたい。

 

« これから直接DirectXを扱うのは無理じゃないかと思えるぐらいひどい状況 | Main | 新しいデバイスというのは開発環境まで手がまわなないのはいつも同じなのは知っているが腕時計型デバイスPebbleをいじれると聞いて »

Android開発」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 使わなくなったAndroid端末を自宅サーバーにしてみる:

« これから直接DirectXを扱うのは無理じゃないかと思えるぐらいひどい状況 | Main | 新しいデバイスというのは開発環境まで手がまわなないのはいつも同じなのは知っているが腕時計型デバイスPebbleをいじれると聞いて »