Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« いつの間にかコードを書くより読むことのほうが多くなったのでコード解析ツールを探す | Main | Heroku は Hero + Haiku なのはどうでもいいが、Google App Engineにサヨナラするかも »

January 05, 2013

2013年の予測

ネットの世界では書いたものが消えないので、後になって恥ずかしいのは覚悟しつつも今後の予想など。

 mixiが残念という噂が流れていて、次は「はてな」じゃないかなと勝手に想像して大きなお世話です。TopHatenarというサービスがあって、はてなブックマークの数とLiveDoorリーダーの購読者数からブログの人気度を示す指標を見ることができます。
 なかでも、Blogpolisというサービスでははてなブックマークの数から仮想の街を作り上げていて、見ていて飽きません。おそらくgoogle mapのマッシュアップでは最高傑作じゃないかな.
 で、中をじっくり見ていくとほとんどのブックマークが2006年近辺に集中している。ブックマーク先のブログは放置されているものも多く、移転していても移転先が無くなっていたりと、いずれこの島が軍艦島になるのも時間の問題かもしれない。
 そもそもブログブームって自然発生したものではなく仕掛けられたものであり、そういう意味ではTwitterもFacebookも同様、フォロワー何人用意しますといったパワポの資料をもって広告代理店の人が回っていたのを大人だったら知っているよね。
 ブログは写真と文章で構成されているけど、普通の人って理由なく長文読まないから。長文といってもしきい値は10行ぐらい。メールも10行を超えると正しく理解されないのは皆経験あるでしょ。
 というわけで、LINEはスタンプで気持ちを表すことができていいよねって話。このブログでも顔文字は使えるけどオッサンには無理取ってつけたようなものになる。絵文字は、象形文字なので違う文化なのです。
 もちろん、長い文書が苦にならない人も一定割合で存在するわけで、そういう人たちはメルマガ購読とか電子出版の自費出版物を漁ったりするんじゃないかな。
 子どもたちはYouTubeでMegwinとかPDS株式会社を毎日見ている。おそらく動画がタブレット端末のキラーコンテンツになる予感。ドットインストールのような動画を使った教育、TEDのような知的レベルの高い人を満足させるコンテンツなど、この流れは止まらないと思う。でも、動画作るの大変なんだけどね。
 タブレット端末といえば、タブレットがPCに取って代わるという話。これからの子供はタブレットで、オッサンはPCを使い続けるんじゃないかな。営業用の大きな電卓はexcelに取って代わられたわけではなく、むしろ日々数字を扱う人には今でも重要な道具であるように。
 それからiphone5sか6が2013年に登場すると思うけど、かなり残念な仕上がりになる予感。じゃあ、Androidかというと、そちらも順当に画面サイズと解像度、コアの数を増やすだけじゃないかな。Windowsとかもうありえない、OSにカネを払う意味がわからない。
 Kindleのような原型を留めないくらいのAndorid魔改造は楽しそう。いろいろな会社が挑戦してくるんじゃないかな。
あとは、クラウドファンディングでそろそろヒットが出る予感。

そういえばTVについて書くのを忘れていた。20世紀末には各部屋にテレビがあったなんて、今の若い人にはよくわからない感覚らしい。だって、リビングにでかい液晶パネルがドーンとあって、何かが写っているけど家族全員で見ているわけでもなく、なにか山場があった時だけ、顔を上げてテレビを見るような使い方だし。

 ファミコンが流行った時期って、子供部屋にお下がりのテレビとかあったんだよね。リビングで堂々とゲームするといえば、人が集まった時にWiiのようなパーティゲームをするぐらい。そういうスタイルに合わせて、Wii-Uだと思ったけどすでに手元にはiPadがあるよ。それじゃ、携帯ゲーム機かといえば、そこはもうガッチリとスマホが抑えていて、カバンに入る電子機器をコレ以上増やすのはしんどい。
 みんな動きが遅すぎて時代に乗り遅れた感はある。
あとは3Dプリンターが手の届く範囲になってくると思うけど、家庭で毎日使うようなものじゃないよね。せいぜいDIYショップで造形コーナーができるぐらいかな。
訂正:
 blogopolis は google mapのマッシュアップではなく Perspective3Dを使ったオリジナルだったのですね。失礼しました。

« いつの間にかコードを書くより読むことのほうが多くなったのでコード解析ツールを探す | Main | Heroku は Hero + Haiku なのはどうでもいいが、Google App Engineにサヨナラするかも »

ネット世界」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2013年の予測:

« いつの間にかコードを書くより読むことのほうが多くなったのでコード解析ツールを探す | Main | Heroku は Hero + Haiku なのはどうでもいいが、Google App Engineにサヨナラするかも »