Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« October 2012 | Main | February 2013 »

January 17, 2013

Windowsでは左端の「ファイル(F)」から実装を開始してました、いまはクラウドに自動保存

編集結果の保存はメニュー左側のファイル(F)を開いて名前を付けて保存というのが当り前ではなくなっているように思える。いずれクラウドになっていくと思いつつ、クラウドストレージサービスは群雄割拠して全部に対応するのは大変。APIは共通の仕様にならないかと思いつつ各種調査してみた。すぐに状況は変わって、来年には半分はデッドリンクになると思うけどね。

・DropBox

https://www.dropbox.com/developers
SDKは iOS,Android,Python,Rubyで提供されている。

・GoogleDrive
https://developers.google.com/drive/v2/reference/
SDKは JAVA .NET PHP Python Ruby Javascript Go Objective-C で提供されている

・Microsoft Sky Drive
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/live/hh826521.aspx
LiveConnectという Messenger やHotMailと統合したSDKでサポートされている
RESTなので、プロトコルさえあえばWindowsでなくても動かせるかもしれない。
とおもったら、Rubyで叩いている人発見。
http://www.eisbahn.jp/yoichiro/2012/10/skydrive-api-ruby-on-rails.html

・Amazon Cloud Drive
サンプルコードは見つかったんですけど、ドキュメントが埋もれてしまって見つからないです。
pythonのサンプルコード
http://code.google.com/p/pyamazonclouddrive/source/browse/trunk/test.py
認証はIDパスワードを直接コードに埋め込んでいますがいいんでしょうか。

・NDrive
おなじくプログラムからアクセスする方法が見つかりません。

・Box.net
http://developers.box.com/
OAuthで認証、RESTでやり取り、プラットフォーム別のライブラリは用意されていない模様

・SugerSync
https://www.sugarsync.com/developer
こちらもREST

・PogoPlug
かつてはDeveloperのためのドキュメントがあったみたいだが、現在はユーザーフォーラムでのやり取りのみ。公式サポートはやめちゃったんだろうか。
http://support.pogoplug.com/forums/21046607-pogoplug-development-hacking

・Evernote
http://dev.evernote.com/intl/jp/documentation/cloud/
ドキュメントが日本語だったりサンドボックスが用意されていたりと開発者にとってはありがたいサービス。

・iCloud
https://developer.apple.com/icloud/index.php
 macやiphone以外から使えるのかは謎

・Yahooボックス
 現在、API提供なし

2013年現在の事情なので、来年以降は事情が変わっているでしょう。

January 11, 2013

お前の汚いPHPソースなんか見たくないんだよと言われて

 c言語にはcbというインデントをそろえて整形するソフトがあるのに、phpにはないの?

いやいや、PHP Beautifier というものがあります。
 とりあえず、動いているのを試すのは以下のサイトから。
ファイルがたくさんあるとか、バッチ処理でコミットする前に必ず実行したいとかで、手元で整形作業したいのであれば、Pearでダウンロードしてインストールします。
インストールはいつものPearのやり方です。
コマンドラインからphp_beautifier test.php  とやってもいいし、下のようなphpプログラムを書いて処理することもできます。
<?php
include_once('PHP/Beautifier.php');
$ob = new PHP_Beautifier();
$ob->addFilter('Pear');
$ob->setInputFile('test.php');
$ob->setOutputFile('testb.php');
$ob->process();
$ob->show();
$ob->save();

あくまでインデントの修正なので、アルゴリズムが汚いとか変数名に一貫性がないとかコメントがないとか無駄が多いとかetc は直してくれません。当たり前か。
でも、構文解析の途中でコールバックしてくれるので、オリジナルのフィルターを書けば面白いことができるかも。
参考

Heroku は Hero + Haiku なのはどうでもいいが、Google App Engineにサヨナラするかも

Heroku というrubyのホスティングサービスがあったのだが、気が付いたらいろいろな言語に対応していたらしい。

pythonにも対応していたので、早速Hello World を表示させてみた。
サインアップすると、SDKをダウンロードするように誘導される。そのあとはターミナルをひらいて以下の4行を実行したらデプロイされた。
>heloku login
>git clone git://github.com/heroku/python-sample.git
> cd python-sample/
> heroku create
> git push heroku master
あとは、DASH BOARDで実行中のサイトが増えているので確認すればOK
pythonのプログラムは app.pyで中身はこんなの
import os
from flask import Flask
app = Flask(__name__)
@app.route('/')
def hello():
    return 'Hello World!'
if __name__ == '__main__':
    # Bind to PORT if defined, otherwise default to 5000.
    port = int(os.environ.get('PORT', 5000))
    app.run(host='0.0.0.0', port=port)
Flaskという軽量フレームワークを使っている。
rubyは嫌いではないが、pythonが面白いだけで悪気はない。ちなみHerokuでは非公式ながらPHPも走るらしい。
無料で使えるのはほんの僅かではあるけど、数分でサイトが立ち上がるのはイカス!!
ちなみに、以下のパワポがとても参考になりました。書いた人ありがとうございます。

January 05, 2013

2013年の予測

ネットの世界では書いたものが消えないので、後になって恥ずかしいのは覚悟しつつも今後の予想など。

 mixiが残念という噂が流れていて、次は「はてな」じゃないかなと勝手に想像して大きなお世話です。TopHatenarというサービスがあって、はてなブックマークの数とLiveDoorリーダーの購読者数からブログの人気度を示す指標を見ることができます。
 なかでも、Blogpolisというサービスでははてなブックマークの数から仮想の街を作り上げていて、見ていて飽きません。おそらくgoogle mapのマッシュアップでは最高傑作じゃないかな.
 で、中をじっくり見ていくとほとんどのブックマークが2006年近辺に集中している。ブックマーク先のブログは放置されているものも多く、移転していても移転先が無くなっていたりと、いずれこの島が軍艦島になるのも時間の問題かもしれない。
 そもそもブログブームって自然発生したものではなく仕掛けられたものであり、そういう意味ではTwitterもFacebookも同様、フォロワー何人用意しますといったパワポの資料をもって広告代理店の人が回っていたのを大人だったら知っているよね。
 ブログは写真と文章で構成されているけど、普通の人って理由なく長文読まないから。長文といってもしきい値は10行ぐらい。メールも10行を超えると正しく理解されないのは皆経験あるでしょ。
 というわけで、LINEはスタンプで気持ちを表すことができていいよねって話。このブログでも顔文字は使えるけどオッサンには無理sweat01取ってつけたようなものになる。絵文字は、象形文字なので違う文化なのです。
 もちろん、長い文書が苦にならない人も一定割合で存在するわけで、そういう人たちはメルマガ購読とか電子出版の自費出版物を漁ったりするんじゃないかな。
 子どもたちはYouTubeでMegwinとかPDS株式会社を毎日見ている。おそらく動画がタブレット端末のキラーコンテンツになる予感。ドットインストールのような動画を使った教育、TEDのような知的レベルの高い人を満足させるコンテンツなど、この流れは止まらないと思う。でも、動画作るの大変なんだけどね。
 タブレット端末といえば、タブレットがPCに取って代わるという話。これからの子供はタブレットで、オッサンはPCを使い続けるんじゃないかな。営業用の大きな電卓はexcelに取って代わられたわけではなく、むしろ日々数字を扱う人には今でも重要な道具であるように。
 それからiphone5sか6が2013年に登場すると思うけど、かなり残念な仕上がりになる予感。じゃあ、Androidかというと、そちらも順当に画面サイズと解像度、コアの数を増やすだけじゃないかな。Windowsとかもうありえない、OSにカネを払う意味がわからない。
 Kindleのような原型を留めないくらいのAndorid魔改造は楽しそう。いろいろな会社が挑戦してくるんじゃないかな。
あとは、クラウドファンディングでそろそろヒットが出る予感。

Continue reading "2013年の予測" »

« October 2012 | Main | February 2013 »