Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« チュートリアルを思い出すためのメモ2 | Main | オレのディスクを漁るのは誰だ »

July 18, 2010

GoogleAppEngineで日本語を使う

プログラムの中に日本語を書く
pythonではおなじみのアレ

#!-*- coding:utf-8 -*-"

を、先頭に書く。保存するときにutf-8で保存するのを忘れずに。
いまさら、その他の文字コードで書く必要はないと思われる。

テンプレートを日本語で書く

utf8のhtmlページのヘッダーを書く

<?xml version="1.0" encodeing="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"/>
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<meta name="Description" content="test" />
<meta name="Keywords" content="test" />
<title>test page</title>
</head>

フォームで日本語を受け付ける
 特に意識することは何もない。

データーベースに日本語を入れる
 調査中

« チュートリアルを思い出すためのメモ2 | Main | オレのディスクを漁るのは誰だ »

GoogleAppEngine」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48058/48910553

Listed below are links to weblogs that reference GoogleAppEngineで日本語を使う:

« チュートリアルを思い出すためのメモ2 | Main | オレのディスクを漁るのは誰だ »