Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« cocos2d、マスターするにはリファレンスよりサンプル | Main | Pythonを使っても寂しくないんだ »

January 02, 2010

google codeからソースコードを取得する

 google codeからソースコードを取得するにはsubversionのクライアントを使用する。
 subversionクライアントといえば TortoiseSVNが有名だが、エクスプローラーと一体化してしまうので覚悟を決めて使わなければならない。開発用に使っていないPCでちょっと作業したいときには、rapidsvnが手軽でよい。
http://rapidsvn.tigris.org/
日本語も使える。

インストールしたら、google codeのsourceのところに表示されれているURLをソースに指定する。例としてfooというプロジェクトでは以下のようになっているはずだ。

# Non-members may check out a read-only working copy anonymously over HTTP.
svn checkout http://foo.googlecode.com/svn/trunk/ foo-read-only

先にhttp://foo.googlecode.com/svn/trunk/をブラウザでアクセスしてエラーが出ないことを確認する。エラーが出る状態のまま放置されているプロジェクトが意外と多いからだ。

rap
2idsvnを起動したら、URLにhttp://foo.googlecode.com/svn/trunk/ を指定、出力ディレクトリに c:\usr\fooを指定する。このときc:\usr\fooのディレクトリがあるとエラーになる。先走ってプロジェクト名のディレクトリまで作らないように。それはrapidsvnの仕事だ。

OKを押せば順次取得を開始する。

これで、見ず知らずのプロジェクトメンバーの一員だ。

« cocos2d、マスターするにはリファレンスよりサンプル | Main | Pythonを使っても寂しくないんだ »

開発環境」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48058/47180954

Listed below are links to weblogs that reference google codeからソースコードを取得する:

« cocos2d、マスターするにはリファレンスよりサンプル | Main | Pythonを使っても寂しくないんだ »