Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« May 2009 | Main | August 2009 »

June 23, 2009

バージョン管理ツールをXcodeで使う

 バージョン管理ツールという物は、保険と同じで一度使うと手放せない道具である。ちょっとした実験とかは良いのだが、誰かに向けてリリースするようなソフトはこれがないと怖くてたまらない。1個前のバージョンに戻せないとか、最近の修正がわからないとか、時間を浪費するだけではなく修正していない項目が残っているかもしれないプレッシャーに常に晒される。

 最近はバージョン管理ツールとしてgitが流行しているみたいだが、リポジトリをあちら側に置きたいので、いくつかのサーバーでサービスとして提供されているsubversionを使うことにする。
 色々探してみたが、結局googleで提供されているProject Hostingがいたせりつくせりでいい感じだ。ありがとうgoogle先生。
 Macではリポジトリをローカルに置きたい人が多いらしくて、だれも解説を書いてくれないので自分で設定のポイントを書くことにする。

 リポジトリを作るのは、Kawa.netさんのページを参考にさせていただいた。ありがとう川崎さん。
[Subversion] Google Code でホスティング+TortoiseSVN の使い方 Kawa.netブログ(川崎有亮)/ウェブリブログ

リポジトリを作ったら、XcodeのSCMリポジトリを構成のところから登録してXcodeから使えるようにする。

Google CodeはSourceのタブを選択する。
名前: プロジェクト名
URL: https://プロジェクト名.googlecode.com/svn/trunk/
スキーム: https
ホスト: プロジェクト名.googlecode.com
ポート: 空欄
ユーザー: ユーザー名
パスワード: subversion用のパスワード

When prompted, enter your generated googlecode.com password.
ここで、気をつけないといけないのはパスワードで、ブラウザで表示されている上のリンクをクリックしてSubversion用のパスワードを別途取得しないといけない。gmailのものとは違う。
 一通り設定して、ランプが緑色になって接続できれば準備完了。

XcodeのSCMは酷いので、コマンドラインでsvnクライアントを使っていますという記事を見かけて不安になった。
 実際[SCM] [リポジトリ]を開いてダイアログを見ると、サーバーに納品しているのか、編集用に取得しているのかがよくわからない。まあ、慣れの問題だろう。
 でも、ブランチをどうやって作るのかよくわからない。

« May 2009 | Main | August 2009 »