Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« 今日もまた転送ができなくなりました | Main | iphone SDKの教科書は、とりあえずやっておく »

April 26, 2009

iphoneらしい回転をサポート

土日をつぶしてさんざん調べたが、実はviewcontrollerの基本クラスが回転をサポートしているので、単純に以下のコードを.mに加えるだけみたい。
// Subclasses override this method to define how the view they control will respond to device rotation
- (BOOL)shouldAutorotateToInterfaceOrientation:(UIInterfaceOrientation)interfaceOrientation {
return YES;
}

ただし、回転後に現在の方向を検出するのがうまくいかない。以下のようなコードを書いてみた
-(void)didRotateFromInterfaceOrientation:(UIInterfaceOrientation)FromInterfaceOrientation{

switch (FromInterfaceOrientation) {
case UIDeviceOrientationPortrait:
NSLog(@"tate OK");
break;
case UIDeviceOrientationPortraitUpsideDown:
NSLog(@"tate gyaku");
break;
case UIDeviceOrientationLandscapeLeft:
NSLog(@"yoko left");
break;
case UIDeviceOrientationLandscapeRight:
NSLog(@"yoko right");
break;
case UIDeviceOrientationFaceUp:
NSLog(@"top");
break;
case UIDeviceOrientationFaceDown:
NSLog(@"bottom");
break;

default:
break;
}
}
全然正しい方向にならないのは何故だ?

« 今日もまた転送ができなくなりました | Main | iphone SDKの教科書は、とりあえずやっておく »

iPhone開発」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48058/44806201

Listed below are links to weblogs that reference iphoneらしい回転をサポート:

« 今日もまた転送ができなくなりました | Main | iphone SDKの教科書は、とりあえずやっておく »