Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« May 2007 | Main | July 2007 »

June 28, 2007

ビデオキャプチャー(Windows)

  GV-MVPには添付ではmAgicというソフトがついてくるのだが、これを自作プログラム上からコントロールする方法がわからない。
Ulead Make Movie SDK というディレクトリーがあり、おそらくはOEMのSDKを使っていると思うのだが、NDAを結ばないと内容がわからない。
開発者向けSDK:ユーリードシステムズ株式会社

 良くわからないのでSPYでメッセージをよみとって、mAgicのボタンを押すか。
GUIソフト上のボタンを検出する方法とか。

 いや、perlでできそうだ。Win32::GuiTest - Perl GUI テスト ユーティリティー

June 27, 2007

ビデオキャプチャー(Linux)

 ハードディスクレコーダーを自作しようと思って、いろいろ調べてみた。
まず、最近はキャプチャーカードの新製品が出ておらず、旧製品は次々と製造終了しているようだ。アナログ地上波の終了が迫っているからかもしれない。
 メイン: Yet Another cx23416 driver for FreeBSD とかを見ると Conexant CX23416 を搭載したカードであればいいらしい。
 玄人志向 のITVC16-STVLPにあわせてドライバーが作られ、同チップを載せたGV-MVP/RX2などで対応したものと思われる。 ivtv driver (ITVC16-STVLP等対応版)インストールガイドなどから推測。 おおもとはlinuxwiki@ぱ研 - LinuxでITVC16-STVLPで解析したのが始まりではないかと。 
 玄人志向 [PRODUCTS]ではKRTV-23416が唯一のカードだが、現在売っているところはない。

 日々是逍遙 : 特集:HDレコーダを作るとかの連載が始まった時期に作っておけばよかった。

June 13, 2007

USBメモリーに入れたubuntu

ubuntu7.04をusbメモリーにインストールしました。インストール初日は、再起動しても問題なく動きます。
翌日から、起動時には下のようなメッセージが出て、その後ubuntuでログインできません。

 「/home/ubuntu/.ICEauthorityというファイルをロックできませんでした。」というエラーダイアログが出ます。
USBメモリーを調べたところ、.ICEauthority-* 及び保存したファイルの属性が ? オーナーが???になってました。
はて?

HP-UXで同じような問題が出てますが、あまり関連はなさそうな気がします。というか.ICEauthorityって何?
Xauthの親戚?

June 08, 2007

proxyとSSL その2

しつこいようだが、googleカレンダー。というかgoogleのサービスを利用するためには、最初に以下のURLにアクセスしてチケットをもらわないといけない。
https://www.google.com/accounts/ClientLogin


SSLでproxyを抜けるのが難しいのはCONNECTを使うから。
意外なことに最近のwgetはSSLをサポートしている。テストに使ったバージョンは 1.10.2だ。
ちなみに、wgetはPOSTメソッドをサポートしていないと勘違いされるが、それはマニュアルを読んでいない証拠だ。
 --post-fileで、ファイルに書き込まれたPOSTパラメーターを渡すことが出来る。--post-data '文字列' はコマンドプロンプトから直接渡すことが出来るが、この場合は受け渡しデーターのサイズを確定できないらしい。

さて、perlでもphpでもダメだったproxy越しのチケット取得である。

1.
Email=あんたのメアド&Passwd=あんたのパスワード&service=サービス名(cl=カレンダー)&source=あんたのアプリ名
 というファイルをpost.txtとして保存する。

2.
wget --no-check-certificate --post-file post.txt https://www.google.com/accounts/ClientLogin

これでチケットが取得できた。-post-dataを使ってコマンドラインでパラメーターを渡すとエラーになる。面倒だけど、ファイルを作れ。

じゃあ、 popen("wget ....") で片付きそうだ。泥臭いけど。


参考
http://www.rcdtokyo.com/ucb/contents/i000815.php

http://code.google.com/apis/gdata/reference.html

http://www.geocities.jp/fut_nis/html/wget-ja/HTTPS-_0028SSL_002fTLS_0029-Options.html

http://members.at.infoseek.co.jp/futora/wget153/

proxyは面倒

googleカレンダーを取り扱うライブラリが動かない。
色々調べてみた結果、proxy環境でsslを使うのは大変であることががわかった。

たとえば、Request.php
if (strcasecmp($this->_url->protocol, 'https') == 0 AND function_exists('file_get_contents') AND extension_loaded('openssl')) {
if (isset($this->_proxy_host)) {
return PEAR::raiseError('HTTPS proxies are not supported.');
}
$host = 'ssl://' . $host;
}

門前払いですか

« May 2007 | Main | July 2007 »