Categories

  • Android開発
    android marketで目指せ億万長者(ウソ)
  • cocos2d
    pythonでも使えるゲームフレームワーク
  • Google
    ここには未来を開くためのAPIがたくさん用意されている。
  • GoogleAppEngine
    どこまでもスケールアウトするクラウドサービス。使いこなすのが大変
  • Hack
    様々な電子機器を本来の用途とは別の用途に使ってみる。
  • iPhone開発
    app storeで目指せ億万長者(ウソ)
  • python
    LightWeightLanguageで一番難しいがLispにも通じるところがある面白い言語。
  • TIPS
    覚えておくともしかしたら役に立つかもしれないチョットしたこと。
  • うまくいきません
    やってみたけど、うまくいかなかった失敗記事
  • ネット世界
  • 夢見るソフトウェア
    こんなのいいな、できたらいいな、いつかつくろう
  • 開発環境
    開発するまえに環境を整えた記録、次に同じことをするためめの忘備録
無料ブログはココログ
My Photo

« October 2005 | Main | December 2005 »

November 27, 2005

ズル(XUL)

 firefoxのエクステンションを作ろうと思って説明を読んだら、XULに行き当たった。 XMLベースのUI記述言語らしい。2003年ごろから使われ始めているが、2004年の春あたりから「 MozillaParty ]とかの音沙汰がなくなっている。あとは、 資料の多くがデットリンク403になっていたりするので、何かあったのかと思ってしまう。

 ブラウザにあわせて仕様変更が激しいらしく、昔のサンプルはことごとくエラーになる。 インタープリター形式なのでほかの人の書いたソースを見ながら勉強するのが良いみたいだ。

参考

 XMLあぷり http://piro.sakura.ne.jp/xul/xul.html

 XMLをいじろう http://www.smellman.homelinux.org/mozilla/xul-hack.html

 XMLプログラマーズリファレンス http://www.mozilla-japan.org/xpfe/xulref/

 実際に実行される部分はJavaScriptで記述し、 システムを呼び出す部分に関してはXPCOMというActixeXがクロスプラットフォームになったようなインターフェイスが提供される。

mozilla コア アーキテクチャー http://www.mozilla-japan.org/catalog/architecture/

ちなみに、マイクロソフトからは.netをベースにしたXAMLというUI記述言語がLonghornと共にデビューするらしい。 最近の情勢から考えてUI記述言語をXMLべーすでインタープリター実行にするのは時代の流れかもしれない。

 

November 24, 2005

個人でソフトを作って公開するということ

かつて、NIFTYやPC-VANなどでオンラインソフトの交換がにぎやかだったころ、 何本かソフトウェアを作ってアップロードしたことがある。

 当時はDOSベースだったのでソフトウェアを作るのは容易であったし、1ヶ月ほど土日を潰せばそれなりのものはできた。  Windowsが主体になってからは、 時代についていこうとVCとかC++Builderとかを自前で購入して会社から帰ったら勉強をしていたが無理。その後、 仕事でWindowsのプログラムを作るようになると、 趣味で作ったものを勝手にアップロードすることは仁義に反するような気がして何もアップロードしなくなった。

 その後、「秀丸」とか「エムソフト」とかの成功者が現れたり、 海外ではIdSoftwareとかのシェアウェアからスタートした成功者が現れたりと結構悔しかったりするわけで。

 今でも趣味で作ったソフトで大もうけしたいが、もはや時代がそれを許さないであろう。

 まずは、ウイルスやスパイウェアの日常化、 どこの誰かわからない人が作ったソフトウェアをダウンロードしてインストールして実行するなんてとんでもないことになりつつある。それから、 維持メンテナンスの大変さ。今WindowsXP用に書いているソフトが、何もしないで3年後のOSで走る保障はほとんどない。

 おまけに、インターネットの普及によってソースコードがいくらでも手に入る。昔に比べたら天国のようだが、 それで商売をしようと思ったら、勝手に人のソースコードを使わないように気をつけなければならない。

 もちろん大もうけしようと思わなければ方法はある。SourceForgeにプロジェクトを立てれば、 誰かがコードのメンテナンスをしてくれるかも知れない。上手くすれば、お金には代え難い何かが手に入るかもしれない。

Javaのアプリケーションに取り組んでも面白い。drawswfなんかはjarファイルで公開している。 マシン環境が昔に比べてよくなっているので、Javaのもっさり感がだんだんなくなってきた。

 プラットフォームをPCとWindows以外のものにするのも悪くはない。しかしながら、会社組織なら問題ないのだが、 個人ベースで取り組むときにはNDAをはじめとする契約関係が大きな障害になる。

 というわけで、ソフトを作って大もうけなんて夢はあるようなないような。

November 22, 2005

入門Ajax買いました、読みました

かつて、NetScapeが有料で3ヶ月に1回ベーター板をダウンロードしていた頃、JavaScriptにを試してみました。何か問題があると、再起動するまで動作しない脆弱さ、ブラウザごとバージョンごとに互換性を欠くということ、適当に導入されたオブジェクト指向と行き当たりばったりな仕様に、うんざりした記憶があります。
 あれから10年近く経過して、GoogleMapsで再び脚光を浴びたJavaScriptk、それまではチェックボックスにチェックを入れたりアンケートの入力項目を判定する程度のものだと考えていたんですけど、頭のいい人が使うと同じものでも見違えるのは何でも同じですね。
 で、ポイントがいくつか。
 XMLHttpRequestという技術が柱になっています。これによってsubmitボタンを押さなくてもくサーバーとやり取りを行うことができます。通信を開始するトリガーになるイベントは、マウスの状態変化とかオブジェクトの中に入ったとか出たとかを引き金にします。
 サーバーから受け取った内容は、onreadystatechange(operaではonLoad)関数で処理します。
 クロスドメイン対策のため、JavaScriptが置いてあるサーバー以外と通信することはできません。
 フォームのInputなどでvalueをセットするだけではなく、document.getElevmentById("div-id").innnerHTMLに代入することで、ブラウザで表示しているページの一部分だけを書き換えることができる。全部をリロードする必要はない。
 cssも動的に変更することが可能。これにより特殊効果などを作ることができる。
 divでフローティング領域を作りドラッグすることができる。
 VML(SVG)を使うと、ベクトルグラフィックスを描画することができる。
 ブラウザの差異のような面倒な問題はライブラリを使ったほうがいい。
 日本語の文字化けについても同様。

JavaScriptの知識だけではなく、DHTMLについても結構知っておく必要がありそうだ。
それから、GoogleMapの解説と応用。

 GoogleMapのようにいろいろ応用例を考えてみたが、何も思いつかない。そのくせ、誰かが何か新しいことを始めたら、そんなことならオレでもできるとか、技術的にはたいしたことないとか思ってしまう小市民的なオレがイヤ。

 使い方はおおむねわかったので、何か応用例を考えよう。


 .

November 19, 2005

タイトルを考える2

 タイトルを考えながら就寝。 朝起きたら、Life is Very Short というのが浮かんだ。略すとライショ。うーん、カコワルイ。

中学生にもわかる英単語を並べて、略すというのは90年代のバンド名に流行りました。ドリカムとかミスチルとか。いまどきどうかなと思うと恥ずかしくなったのも理由。

ブログをはじめるときに、タイトルを入力するところがあるのですが、これが実に敷居が高い。結局のところ、何のためにブログを書くのかということですよね。独り言だったら、チラシの裏に書いておけということだし。というかブログタイトルをチラシの裏にしようかと思ってたりもしたんですけど。

 職業ではなくブログを書く理由として、以下のような理由だったら恥ずかしくないでしょうか。

自分と同じ考えを持つ人たちとつながりたいから。

いずれはアフェリエイトで儲けたいから

ヒマだから

 ダメですね。いずれも本心じゃないような。たとえば、人前で鼻歌を歌ってしまったとき、「どうして、お金をもらえないのに歌を歌うのですか。」と聞かれているようなもので、考えるほど恥ずかしいわけです。

 だからもういいじゃないですか。書きたいから書くということで。

November 18, 2005

タイトルを考える

ubicastがバージョンアップした。対応ブログが大幅に増えたので統一した入力に意義を見出せるかも。

ちなみに入力しているとフォントとか色とかがチカチカするのでうっとうしい。

話は変わって、このブログのタイトルがつまらない上に後ろ向きな雰囲気があるので変えてみようと思った。

誰でもすぐに思いつく言葉で、しかも誰も使っていないもの。安易に「中年日記」とか、googleで検索すると893件。「表裏一体」 だと32万件ある。ちょっともじって「表裏一休」で3件。というか、あるのかよ。

むずうかしいの。

 

 

 

November 11, 2005

ブログの書き方いろいろ

 ubicastのBloggerを使ってみる。

地味だけど、確実に投稿できるところはよい。

ココログも昔のように重すぎで投稿できないというようなことはなくなってきたので通常のWEBからの投稿に対する優位性がなくなってきているかも。

 最近のWEB入力画面はすごい。プレビュー画面とか、ちょっとびっくりだ。 

複数のブログを使い分けるときには便利。ただし、最近思うのだが、テーマを決めたブログは正直しんどい。 仕事でもないのに義務感を持って書き込むところにプレッシャーを感じる。

手軽さで言えば、携帯からの投稿が一番手軽だ。出先からメールで済む。ただし、 40を超えたおっさんが女子高生のように携帯に向かって何かを書いている姿はかなりみっともない。

 

« October 2005 | Main | December 2005 »